インストールおよびセットアップ方法

出典:ArcGIS API for JavaScript - Install and set up

インストールおよびセットアップ

API へのアクセス

ArcGIS API for JavaScript をアプリに導入するには、複数のオプションがあります。AMD および ES モジュールの詳細については、Introduction to Tooling を参照してください。

ArcGIS CDN による AMD モジュール

API にアクセスする最も一般的な方法は、ホスト型のバージョンを使用することです。Esri の CDN から API と CSS を参照して、アプリでの API の使用を開始してください。

<link rel="stylesheet" href="https://js.arcgis.com/4.21/esri/themes/light/main.css">
<script src="https://js.arcgis.com/4.21/"></script>

NPM による ES モジュール

JavaScript API は、npm(JavaScriptのパッケージマネージャー)を使っても利用できます。ローカルに API をインストールして、React や Angular などの JavaScript フレームワークや、webpackrollup.js などのモジュールバンドルラーで利用することができます。

インストール方法:

npm install @arcgis/core

モジュールのインポート:

import Map from "@arcgis/core/Map";

詳細については、以下のガイドを参照してください。

CDN による ES モジュール

※ この方法は、現在のところ、開発やプロトタイピングにのみ推奨されています。

<link rel="stylesheet" href="https://js.arcgis.com/4.21/@arcgis/core/assets/esri/themes/light/main.css">
<script type="module">
  import Map from "https://js.arcgis.com/4.21/@arcgis/core/Map.js";

  // Use the Map class
</script>

ローカルにホストされる AMD モジュール

場合によっては、ArcGIS CDN を介して AMD モジュールのローカルにホストされたバージョンを使用する必要があります。この例は、インターネットにアクセスできない制限されたネットワーク環境で作業している場合です。また、API リファレンス、チュートリアル、およびサンプルを含むドキュメントをダウンロードしてインストールすることもできます。ダウンロード可能なドキュメントは、バージョン 4.21 のリリース日からのスナップショットであり、最新のサンプル アップデートやドキュメントの修正などは含まれていません。

ArcGIS API for JavaScript およびそのドキュメントをダウンロードするには、ArcGIS API for JavaScript のダウンロード ページに移動し、Esri グローバル アカウントでログインします。

Web サーバーのホスティング設定

ArcGIS API for JavaScript をホストする Web サーバのホスティング構成では、以下の MIME/type 登録が必要です。

エクステンション MIME/type 説明
.ttf application/octet-stream True Type フォント
.wasm application/wasm WebAssembly
.woff application/font-woff Web Open Font Format
.woff2 application/font-woff2 WOFF File Format 2.0
.wsv application/octet-stream Scene View の星の可視化に対応

なお、HTTPSをサポートするWebサーバーでは、SSL Webサーバー証明書を使用する必要があります。