ロケーションサービスの利用

ArcGIS Platform をはじめて使う方向けにロケーションサービスの紹介やフィーチャ サービス、Web マップを作成する方法について紹介します。

ロケーションサービス

ArcGIS Platform で提供されているロケーションサービスは、背景地図サービス(ベースマップレイヤー)、ジオコーディングサービス、ルーティングサービス、空間分析サービス、人口統計などのサービスがあります。ロケーションサービスを利用したアプリケーションは、Web アプリやネイティブアプリなどのクライアント APIs を使用して開発することができます。また、ロケーションサービスへ直接アクセスするには REST API を使用できます。そのため、地図アプリケーションの開発や自社のソリューション、サービス、製品などにこれらのサービスを組み込んで利用することもできます。

チュートリアル

ArcGIS Platform のチュートリアルでは、ロケーションサービスを利用したアプリケーションの構築方法を学ぶことができます。

チュートリアルは、以下の ArcGIS、オープンソース、およびサードパーティの API を利用できます。

  • Web: ArcGIS API for JavaScript、ArcGIS REST JS、Esri Leaflet、MapBox GL JS、OpenLayers.
  • ネイティブ: ArcGIS Runtime APIs for Android、iOS、Java、.NET、Qt.

フィーチャ サービス、Web マップの作成

  • フィーチャ サービスの作成
    データの検索や編集が可能な地図サービス (REST API) の配信方法を紹介します。

  • Web マップの作成
     さまざまなフォーマットのデータを 1 つのマップとして集約し、それを可視化する方法を紹介します。