Jimu

出典:ArcGIS Experience Builder - Guide - Jimu

Jimu

Jimu は、設定可能なエクスペリエンスを作成するために使用されるJavaScript ライブラリで、以下のようなパッケージで構成される拡張フレームワークです。

  • jimu-core パッケージは、アプリの設定をロードして解析し、アプリの設定に基づいてレイアウト、テーマ、ウィジェットをロードします。これをサポートするために、本パッケージは WidgetManager、ConfigManager、ThemeManager などのいくつかのクラスを定義しています。また、jimu-core はウィジェットのインターフェイス、いくつかの共通型、およびいくつかの拡張ポイントを定義していますが、これらは他のパッケージやウィジェットにより拡張される可能性があります。
  • jimu-layouts パッケージは、レイアウト ウィジェットのための、一般的な実装が含まれています。
  • jimu-ui パッケージは、エクスペリエンスが利用するすべての UI コンポーネントが含まれています。より詳しくは、reactstrap と emotion-js を使用しています。さらに reactstrap に含まれていない、より多くのコンポーネントが追加されています。読み込みサイズを小さくするために、コンポーネントはindex、setting-components、sql-expression-builder などのいくつかのエントリに分割されています。詳細はAPIを参照してください。
  • jimu-arcgis パッケージは、ArcGIS API for JavaScript 4.x を実行するために必要なすべてのコンポーネントが含まれています。
  • jimu-for-builder パッケージは、ウィジェットの設定ページの開発をサポートしています。

これらのパッケージは同じ構造パターンを使用しているため、同じベストプラクティスに沿って使用することができます。各パッケージは import するためのいくつかのエントリを定義し、これらのエントリはパッケージのルートフォルダの下に置かれます。lib フォルダ内のコンテンツは,パッケージの内部コンテンツとみなされますので,ウィジェットには import しないでください。例えば、jimu-uiButton コンポーネントを使用する必要がある場合は、import {Button} from 'jimu-ui' ではなく、import {Button} from 'jimu-ui/lib/components/button' のようにインポートする必要があります。