スタートアップ ガイド

開発を始める方のために「開発者アカウントの作成、API キーの取得、ロケーションサービスの利用、API / SDK を利用したアプリ開発、セキュリティ、運用(ライセンス認証)」と ArcGIS Platform を利用した開発の基本的な流れを紹介しています。

  • 開発者アカウントの作成
  • ArcGIS Developer の利用を開始するために新規アカウントを作成する手順を紹介します。

  • API キーの取得
  • アプリケーションを公開するために必要な API キーを取得する手順について紹介します。

  • ロケーションサービスの利用
  • ArcGIS Platform をはじめて使う方向けにロケーションサービスの紹介やフィーチャ サービス、Web マップを作成する方法について紹介します。

    • フィーチャサービスの作成
    • データの検索や編集が可能な地図サービス (REST API) の配信方法を紹介します。

    • Web マップの作成
    • さまざまなフォーマットのデータを 1 つのマップとして集約し、それを可視化する方法を紹介します。

  • アプリ開発
  • シンプルな地図アプリの作成方法を紹介します。

    • ArcGIS API for JavaScript
    • ArcGIS API for JavaScript を用いた Web ブラウザー向け地図アプリの作成方法を紹介します。

    • Esri Leaflet
    • Esri leaflet を用いた Web ブラウザー向け地図アプリの作成方法を紹介します。

    • Mapbox GL JS
    • Mapbox GL JS を用いた Web ブラウザー向け地図アプリの作成方法を紹介します。

    • OpenLayers
    • OpenLayers を用いた Web ブラウザー向け地図アプリの作成方法を紹介します。

    • Android
    • ArcGIS Runtime SDK for Android を用いたモバイル地図アプリの作成方法を紹介します。

    • iOS
    • ArcGIS Runtime SDK for iOS を用いたモバイル地図アプリの作成方法を紹介します。

    • .NET
    • ArcGIS Runtime SDK for .NET を用いたネイティブ地図アプリの作成方法を紹介します。

  • セキュリティと認証
  • 有償のサービスやプライベート コンテンツへアクセスするアプリに必要な認証について紹介します。

  • 運用(ライセンス)
  • 開発したアプリを運用するためのライセンスや帰属表示について紹介します。

    • ロケーション サービスのライセンス
    • アプリケーションを本番環境にデプロイする準備ができましたら、ArcGIS テクノロジーを使用する際のライセンス方法を検討する必要があります。ロケーション サービスを使用する際のライセンスについて紹介します。

    • アプリのライセンス
    • 作成したアプリケーションを本番環境で運用するために必要となる ArcGIS テクノロジーを使用する際のライセンスについて紹介します。

    • 帰属
    • アプリで ArcGIS ベースマップ、ArcGIS データ サービス、または ArcGIS API テクノロジを使用する場合における Esri の帰属表示を含める方法をご紹介します。