ウィジェット manifest

出典:ArcGIS Experience Builder - Guide - Widget manifest

各 ArcGIS Experience Builder ウィジェットには、ウィジェットの属性とプロパティを記述した manifest.json ファイルがあります。ウィジェットの manifest には、name、type、version、exbVersion、および translatedLocales プロパティを含める必要があります。ウィジェットの manifest を作成する簡単な方法は、demo widget から manifest.json ファイルをコピーすることです。以下は manifest.json ファイルの例です。

{
  "name": "count-features",
  "label": "Count Features",
  "type": "widget",
  "version": "1.5.0",
  "exbVersion": "1.5.0",
  "author": "Esri R&D Center Beijing",
  "description": "This is widget is designed to display the numeric attributes of features.",
  "copyright": "",
  "license": "http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0",
  "publishMessages": [
    "EXTENT_CHANGE",
    "DATA_RECORDS_SELECTION_CHANGE"
  ],
  "messageActions": [],
  "defaultSize": {
    "width": 360,
    "height": 80
  },
 "properties": {},
  "translatedLocales": [
    "en",
    "es",
    "zh-cn"
  ]
}

widget’s manifest で利用可能なプロパティの詳細を参照してください。