Unreal Engine

出典:ArcGIS Maps SDK for Unreal Engine - Tutorials - Display a map (UI)

マップを表示する (UI)

Modes Panel UI を使用したベースマップ、標高ソースの設定、データレイヤーの追加、特定エリアの表示方法をご紹介します。

このチュートリアルでは、ベースマップ レイヤーサービスとデータレイヤーを含むローカルシーンを Unreal Engine で作成します。

ArcGIS Map SDK for Unreal Engine は、現在 ESRIジャパンにおけるサポート対象外の製品です。
ESRIジャパンで提供する Esri 製品サポート サービス開発者サポート サービスはご利用いただけませんので、予めご了承ください。

前提条件

このチュートリアルを実施するには、以下が必要です。

  1. ArcGIS サービスにアクセスするには、ArcGIS Developer アカウントまたは ArcGIS Online アカウントと API キーが必要です。アカウントをお持ちでない場合は、サインアップ (無料) してください。アカウントの作成方法は「開発者アカウントの作成」をご覧ください。

    API キー ページが開発者ダッシュボードに表示されない場合は、アカウントを ArcGIS Developer アカウントにアップグレードする必要があります。

  2. 開発環境がシステム要件を満たしていることを確認してください。

  3. インストールとセットアップの手順に従って、プラグインをインストールしてください。必ずサンプルアセットをインポートしてください。

  4. シーン設定オプションのページを確認してください。

Unreal Engine のインターフェースに慣れていない場合は、最も一般的なエディターパネルとその活用方法について、Unreal Editor のインターフェース を参照してください。

ステップ

新しいレベルを作成し、Modes Panel UI を開く

Unreal Engine 5.1 または 5.2 を使用している場合は、手順 3 と 4 を省略できます。

  1. メニューバーの ファイル (File) をクリックし、新規レベル (New Level) を選択します。

  2. ポップアップウィンドウで 空のレベル (Empty Level) を選択します。

  3. メニューバーの ウィンドウ > ワールドセッティング (Window ‐> World Settings) を開きます。ワールドセッティング (World Settings) パネルが開きます。

  4. ワールドセッティング (World Settings) パネルで、ワールド (World) グループに行き、詳細設定 (Advanced) を開きます。ラージワールドの有効化 (Enable Large Worlds) オプションをチェックします。

  5. メインツールバーの モード選択 (Select Modes) ドロップダウンをクリックし、ArcGIS Maps SDK を選択します。

  6. Unreal Editor インターフェースの左側に、Modes Panel UI が開きます。

マップの作成

  1. Modes Panel UIMap タブをクリックします。

  2. Map TypeLocal を選択します。

  3. Origin Position セクションでは、GIS シーンの中心を座標と Spatial Reference Well-Known ID (WKID) で設定できます。チュートリアルでは、パラメータをこれらの値に設定します:

    • Longitude : 138.727363
    • Latitude : 35.360626
    • Altitude : 0
    • Spatial Reference WKID : 4326

    spatial reference については、spatial references のページを参照してください。

  4. Enable Extent チェックボックスをオンにすると、Map Extent セクションが表示されます。

  5. Map Extent で、マップの範囲をこれらの値に設定します :

    • Longitude : 138.727363
    • Latitude : 35.360626
    • Spatial Reference WKID : 4326
    • Shape : Circle
    • Radius : 5000

    以下が、Map パネルに入力した画像です。

  6. Create ボタンをクリックします。アウトライナー (Outliner) パネルに、ArcGISMapActor が作成されます。

カメラの作成と設定

ArcGIS Maps SDK for Unreal Engine は、カメラに近いエリアにはより高い解像度の LOD を表示し、カメラから遠いエリアにはより低い解像度の LOD を表示します。

  1. Camera タブをクリックします。

  2. Camera Position でカメラの初期視点を定義します。パラメータをこれらの値に設定します:

    • Longitude : 139.748091
    • Latitude : 35.659077
    • Altitude : 290
    • Spatial Reference WKID : 4326
  3. Camera Rotation でカメラの角度を定義します。

    • Heading : 270
    • Pitch : 93
    • Roll : 0

    以下が、Camera パネルに入力した画像です。

  4. Create ボタンをクリックします。アウトライナー (Outliner) パネルに、Default Pawn アクターが作成されます。

この時点では、レベルはまだ空です。これからのチュートリアルステップで、マップデータがレベルに追加されます。

ベースマップとAPIキーの設定

このチュートリアルでは、API キーが必要なベースマップを選択します。

  1. Basemap タブをクリックし、パネルの内容を表示します。

  2. プリセットのベースマップリストから Imagery ベースマップを選択します。プリセットのベースマップから Imagery に設定した結果です。

  3. 開発者ダッシュボードにアクセスし、API キーを取得してください。

  4. Auth タブをクリックしてパネルの内容を表示します。

  5. API Key セクションで API キーを設定します。

    API キーが、このスクリーンショットの Paste your API key here と表示されているフィールドに入力されていることを確認してください。API キーの取得方法については、UI の API キーの取得をクリックしてください。

  6. Basemap タブに戻ると、以前はグレー表示だったベースマップアイコンが有効になり、API キーが正常に登録されたことがわかります。

Unreal プロジェクト内の複数のレベルに対してグローバル API キーを設定するもう 1 つの方法は、プロジェクト設定を使用することです。API キーの詳細については、API キーのセクションを参照してください。

標高の設定

このチュートリアルでは、デフォルトの標高を使って地形を定義します。

  1. Elevation タブをクリックし、パネルの内容を表示します。

  2. Terrain 3D が選択され、Enable All チェックボックスがチェックされていることを確認します。

以下が、Elevation パネルに入力した画像です。

データレイヤーの追加

ArcGIS Online から使用できるデータを追加します。

以下の手順でレイヤーを追加します。

  1. Layers タブをクリックします。

  2. Add New Data セクションで、Type のドロップダウンリストから適切なレイヤータイプを選択します。

  3. 3D オブジェクトシーンレイヤーを追加するには、サービスの URL を Source フィールドに入力します。

  4. Name にレイヤー名を入力します。

  5. マップにレイヤーを追加するには、Add ボタンをクリックします。レイヤーが追加されると、Layers セクションに表示されます。

  6. スライダーをドラッグして Opacity を設定します。

  7. Is Visible チェックボックスを使用して、レイヤーの表示 / 非表示を切り替えます。

以下が、Layers パネルに入力した画像です。

空とライティングの設定

  1. メインツールバーの 作成 (Create) ショートカットから、ライト (Light) > Directional Light を選択し、レベルにドラッグして DirectionalLight を作成します。Directional Light の詳細については、ライトのタイプを参照してください。

  2. アウトライナー (Outliner)DirectionalLight を選択し、詳細パネル (Details)トランスフォーム (Transform) セクションを開きます。

  3. 位置 (Location) をリセットし、回転 (Rotation) を設定します:

    • X: 0
    • Y: -28
    • Z: -28
  4. 可動性 (Mobility) を ムーバブル (Movable) に設定します。

  5. ライト (Light) セクションで、Intensity Value3.1416に変更します。

  6. カスケードシャドウマップ (Cascaded Shadow Maps) セクションで、Dynamic Shadow Distance MovableLight2000000 に変更します。

  7. 大気と雲 (Atmosphere and Cloud) セクションで、Atmosphere Sun Light を有効にします。

  8. アクタ (Actor) > Spawn Collision Handling Method セクションで、Always Spawn, Ignore Collisions を選択します。

  9. メインツールバーの Create (作成) ショートカットから、ライト (Light) > Sky Light を選択し、レベルにドラッグして SkyLight を作成します。SkyLight の詳細については、ライトのタイプを参照してください。

  10. トランスフォーム (Transform) セクションで、位置 (Location) をリセットし、可動性 (Mobility) を ムーバブル (Movable) に設定します。

  11. ライト (Light) セクションで、Real Time Capture を有効にします。

  12. メインツールバーの Create (作成) ショートカットから、ビジュアルエフェクト (Visual Effects) > Sky Atmosphere を選択し、レベルにドラッグして SkyAtmosphere を作成します。Sky Atmosphere の詳細については、フォグのエフェクトを参照してください。

  13. Planet セクションで、Ground Radius6378.137207 に変更します。

この時点で、エクステントの設定で切り取られたマップデータが表示されるはずです。アウトライナー (Outliner) パネルで、Default Pawn をダブルクリックして、エディターカメラを設定されたカメラ位置に移動します。マウスの右ボタンを押しながら WASD キーを使って移動するか、マウスの左ボタンを押しながらエディターモード中に周囲を見回します。エディターモード中に ビューポート (Viewport) のカメラ移動速度を上げるには、ビューポート (Viewport) 右上の カメラ速度 (Camera Speed) アイコンをクリックし、スライダーをドラッグして値を上げます。

Default Pawn を ArcGIS Pawn に置き換える

エディターモードでは、Unreal Engine の標準の ビューポート制御 を使用してシーンを自由に移動できます。プレイモードでシーンを移動するには、Pawn 用の独自のコントローラーコンポーネントを作成するか、Default Pawn の移動コンポーネントを修正します。また、Default Pawn を Samples で使用されているサンプル ArcGIS Pawn に置き換えることもできます。サンプル ArcGIS Pawn については、 ArcGIS Pawn のセクションを参照してください。

  1. コンテンツ ドロワー (Content Drawer) で以下の場所を開きます。

    プラグイン > ArcGIS Maps SDK for Unreal Engine C++ クラス > ArcGISSamples > Public
  2. ArcGIS Pawn をクリックして選択します。選択されると背景色が青に変わります。

  3. アウトライナー (Outliner) パネルで Default Pawn を右クリックします。

  4. 選択中のアクタを置換 (Replaced Selected Actor with) をクリックし、ArcGIS Pawn を選択します。

これで、Modes Panel UI を使用したローカル シーンの構成は完了です。

メインツールバーの プレイ (Play) アイコンをクリックし、WASD キーで移動します。マウスの右ボタンを押したままカーソルを動かして周囲を見渡し、マウスの左ボタンを押したままカーソルを動かしてパンします。