アプリケーションのデプロイ

Web AppBuilder for ArcGIS (Developer Edition) で作成したアプリケーションをダウンロードし、独自のサーバーにホストする手順を説明します。

トピック

Web AppBuilder for ArcGIS (Developer Edition)(以下 Web AppBuilder)で作成したアプリはダウンロードして、独自の Web サーバーにホストすることができます。もしアプリが未共有のアイテムを参照しているとき、ダウンロードしたアプリは ArcGIS Online または Portal for ArcGIS に登録する必要があります。

アプリをデプロイする場所にかかわらず、Web マップへのアクセスは必須です。

アプリのダウンロード

  1. Web AppBuilder を起動し、トップページを開いたら、アプリのダウンロードボタンをクリックします。
  2. アプリケーションは ZIP ファイルでダウンロードされます。保存ダイアログが表示されたら、任意のフォルダーを指定し、[保存] をクリックします。これで、アプリケーションはローカル ドライブに保存されます。

ダウンロード

アプリのデプロイ

  1. ダウンロードしたアプリを解凍します。
  2. 解凍したアプリを Web サーバーへ配置します。
  3. アプリのルート ディレクトリにある config.json ファイルを開き、以下の項目を編集します。
    1. プロキシ
      必要に応じて、使用するプロキシを proxy プロパティに追加します。プロキシの詳細は Use proxy をご参照ください。
    2. アプリケーション ID
      アプリケーション ID を appId プロパティへ設定します。アプリケーション ID を入手するには、アプリの追加、登録が必要です。詳細はアプリの追加およびアプリの登録をご参照ください。

      OAuth と SAML を用いたプラットフォーム認証を活用するために、アプリケーション ID を使用することを推奨しています。

アプリをカスタマイズするには、以下のドキュメントを参照してください。

グループ アクセスの設定

もしアプリがグループや異なる組織間のメンバーで共有している、パブリックではない Web マップを使用しているとき、すべてのグループのメンバーがWeb マップにアクセスできるように設定します。

  1. アプリの config.json ファイルを開きます。
  2. portalUrl プロパティの値を www.arcgis.com に変更します。
  3. map プロパティに portalUrl プロパティが含まれている場合は、値を www.arcgis.com に変更します。

動作環境

アプリがサポートしているブラウザーは以下の通りです。

  • 2D
    • Google Chrome
    • Firefox
    • Safari(Mac)
    • Edge
    • Internet Explorer 11

      IE11 または Edge で OAuth 認証を使用してアプリを開くとき、ポップアップが表示されることがあります。はいをクリックすると、ポップアップは消えますが、アプリは読み込まれません。この場合は、ブラウザーの設定から .arcgis.com を信頼済みサイトとして追加してください。

    • Safari(iOS)
    • Google Chrome(Android)
  • 3D
    • Google Chrome
    • Firefox
    • Safari(Mac)
    • Edge
    • Internet Explorer 11

      3D アプリには WebGL をサポートしているデスクトップの Web ブラウザーが必要です。ほとんどの最新バージョンのデスクトップ Web ブラウザーは WebGL を内蔵しています。ご利用の Web ブラウザーが WebGL を利用可能かどうかは get.webgl.org で確認できます。WebGL に関するトラブルシューティングは WebGL Troubleshooting をご参照ください。また、シーン ビューアーについての詳細は シーン ビューアーの要件 をご参照ください。