インストール ガイド

このインストール ガイドでは、ArcGIS Runtime SDK for iOS のインストールとセットアップ手順を紹介します。インストールを進める前に、ご使用のマシン(macOS)に Xcode をインストールしてください。

ArcGIS Runtime SDK for iOS がサポートする最新の動作環境につきましては動作環境をご覧ください。

マップを表示する方法については「アプリの作成」のチュートリアルをご覧ください。

インストールとセットアップ

Xcode プロジェクトに API をインストールして使用するには、いくつかの方法があります。Swift Package Manager か CocoaPods を使用するか、手動でダウンロードしてインストールできます。

Swift Package Manager を使用する

Swift Package Manager を使用して Xcode プロジェクトに簡単に統合できます。

  1. Xcode プロジェクトを開きます。メニューバーで、[File] > [Swift Packages] > [Add Package Dependency] を選択します。
  2. パッケージ リポジトリの URL として https://github.com/esri/arcgis-runtime-ios を入力します。[Next] をクリックします。
  3. バージョンを指定するか、Xcode によって提供される最新バージョンを選択します。[Next] をクリックします。Xcode は、ArcGIS フレームワークのダウンロードを開始します。
  4. ArcGIS Runtime を追加するプロダクトとターゲットを選択します。[Finish] をクリックします。

ArcGIS の API を使用するには、次のインポートステートメントを任意の Swift コード(.swift)ファイルに追加します。

import ArcGIS

CocoaPods を使用する

公開済みの CocoaPod を利用できます。CocoaPods を初めて使用する場合は、CocoaPods の使用方法を確認してから、次の手順に従って iOS プロジェクト内でこの Pod を使用してください。

  1. プロジェクトの Podfile に下記を追加します。

    pod 'ArcGIS-Runtime-SDK-iOS'
    
  2. ターミナル アプリケーションを使用して、Podfile 上で pod install コマンドを実行します。これにより、ArcGIS フレームワークがマシンにダウンロードされ、プロジェクトの Pod ディレクトリ内に配置されます。また、ArcGIS フレームワークを正しく参照するために、プロジェクトのビルド設定に必要な変更が加えられて、新しい Xcode ワークスペース(.xcworkspace ファイル)を作成されます。

ArcGIS の API を使用するには、新しく作成した Xcode ワークスペースを開き、次のインポートステートメントを任意の Swift コード(.swift)ファイルに追加します。

import ArcGIS

手動でダウンロードする

手動ダウンロードは、すべての iOS プロジェクト用に一度だけ API をインストールします。

  1. SDK パッケージ インストーラーをダウンロードします。

    ダウンロードには ArcGIS 開発者アカウントが必要です。アカウントをお持ちでない場合は、サインアップ(無料)してください。アカウントの作成方法は「開発者アカウントの作成」をご覧ください。

  2. ${HOME}/Library フォルダへの書き込み権限があることを確認してください。

  3. マシンに以前のバージョンの ArcGIS Runtime SK for iOS がインストールされている場合は、それをアンインストールします。アンインストールしないと、以前のインストールが上書きされます。アンインストールするには、ターミナル アプリケーションで ${HOME}/Library/Application Support/AGSiOSRuntimeSDK/uninstallAGSiOSSDK スクリプトを実行します。

  4. SDK をダウンロードしたら、ダウンロードした .pkg ファイルをダブルクリックします。インストール ウィザードの指示に従って、インストール手順を完了します。

  5. プロジェクトを構成するための追加の手順を実施します。

  6. デフォルトでは、SDK は ${HOME}/Library/SDKs/ArcGIS にインストールされます。このフォルダーには、Frameworks、Legal、Samples のサブフォルダーが含まれています。

Samples フォルダーに移動し、Objective-C または Swift サンプルのいずれかを実行して、すべてがマシンに正しくインストールされていることを確認できます。

注:${HOME}/Library フォルダは、デフォルトでは非表示になっています。ターミナル アプリケーションで chflags nohidden ~/Library/ コマンドを実行することで表示できます。

インストールエラーが発生した場合は、/var/log/install.log の install.log ファイルで詳細を確認してください。失敗の一般的な理由は、ダウンロード中にインストール パッケージが破損することです。パッケージをもう一度ダウンロードしてみてください。まれに、インストーラーがインストール中にユーザー名/パスワードを要求する場合があります。これが発生すると、インストーラーは正常に終了しますが、SDK はホームディレクトリではなくルートディレクトリにインストールされます。この問題を解決するには、SDKs フォルダをルート /Library ディレクトリからユーザープロファイルの $HOME/Library ディレクトリに手動でコピーします。

プロジェクトを構成する

この手順は、SDK を手動でインストールした場合のみ必要です。CocoaPods を使用してインストールしている場合は、この手順は不要です。 SDK を手動でインストールした後に、API を使用するために各 Xcode プロジェクトを構成します。

プロジェクトに ArcGIS フレームワークを追加する

  1. Xcode プロジェクトを開くか、新しいプロジェクトを作成します。

  2. 左側の Navigator ペインでプロジェクト名を選択して、[TARGETS (プロジェクト名)] > [General] タブを選択します。

  3. [Frameworks, Libraries, and Embedded Content] セクションに $(HOME)/Library/SDKs/ArcGIS/Frameworks ディレクトリにある ArcGIS.xcframework ファイルをドラッグアンドドロップします。

注:${HOME}/Library フォルダは、デフォルトでは非表示になっています。ターミナル アプリケーションで chflags nohidden ~/Library/ コマンドを実行して表示するか、Finder メニューの [移動] > [フォルダへ移動] を使用して移動することもできます。

以上でプロジェクトの構成は完了です。ArcGIS の API を使用するには、次のインポートステートメントを任意の Swift コード(.swift)ファイルに追加します。

import ArcGIS

追加のダウンロード

サンプル コード

ArcGIS Runtime アプリで実行できる、機能についてはサンプル コードを参照してください。

サンプル ビューアー アプリは、App Store からも入手できます。

追加のデータ

グリッド ベースの地理座標変換を使用している場合は、ダウンロード ページからサポートする Projection Engine ファイルをダウンロードしてください。

航海用電子海図 (ENC) を使用する場合は、Esri.ArcGISRuntime.Hydrography NuGet パッケージをアプリに追加するか、ダウンロード ページから hydrography directory をダウンロードします。