REST API

ArcGIS では、地理情報サービスやマッピングサービス、ユーザーやコンテンツを管理するサービスとして、ArcGIS REST APIを提供しています。

以下では、API で一般的に使用されるコンポーネントの概要を紹介します。

ロケーション ベースのサービス

ArcGIS Online は、ジオコーディング、ネットワーク解析、空間解析などのロケーションベースの RESTful なサービスを提供しています。これらのサービスを使用するとクレジットを消費します。

ArcGIS Enterprise API

ArcGIS Enterprise REST API は、ArcGIS Onlineや独自のインフラストラクチャー上に構築可能な ArcGIS Enterpriseによって提供されています。ArcGIS Enterprise API は、マップ、レイヤー、コンテンツなどのアイテムの管理や、組織内のユーザーの権限設定や認証の処理に使用されます。 ArcGIS Portal API の一般的な使用例は、ユーザー、グループ、アイテムの操作やポータル上のアイテムの検索などがあります。

ホスト サービス

ArcGIS Server REST API を使用すると、ArcGIS Enterprise、ArcGIS Online のいずれかに公開した ホスト サービスを操作することができます。たとえば、ArcGIS Online にデータを登録すると、ArcGIS Server のインスタンス上でホストされているフィーチャレイヤーが作成されます。そして、ArcGIS Server が提供する ArcGIS REST API を使用してレイヤーにアクセスすることができます。ArcGIS Server のサービスには、次のようなさまざまな ArcGIS で作成して公開できるものがあります。