レイヤー

レイヤーは、ArcGIS を使用して構築するアプリケーションの主要なコンテンツです。ArcGIS REST API、GeoJSON、CSVファイルや、ローカルまたはネットワーク経由で利用可能なその他のファイルを介して公開されるサービスに基づいて作成することができます。また、ArcGIS API および SDK を使用して、ディスク上やネットワーク経由で利用可能なデータを使用して、アプリケーションの中でレイヤーを作成することもできます。 他にも、一時的にデータをグラフィックとしてマップに表示するためのグラフィックス レイヤーも用意されています。

レイヤーは、マップやアプリケーションを作成するために使用できる地理データの論理的なコレクションであり、フィーチャ レイヤーまたはタイル レイヤーのいずれかに分類されます。

レイヤー タイプ 概要
フィーチャ レイヤー ポイントやポリゴンのような フィーチャ を格納
ジオメトリおよび属性情報の編集または更新、オフラインデータベースと同期が可能
タイル レイヤー タイル レイヤーは事前に作成され、サーバー上にキャッシュされます

※例えば、ベクター タイル ベース マップもタイル レイヤーに分類されます。シーン レイヤーも 3D を表示するアプリケーションで迅速な表示を行うために、建物などの 3D オブジェクトを含むフィーチャをキャッシュするのでタイル レイヤーと考えることができます。

ArcGIS の主なレイヤー

ArcGIS Online と ArcGIS Enterprise は、編集、オフライン同期、ベースマップの使用など、地図アプリを開発・利用する上で一般的なユースケースを実現するためのさまざまなタイプのレイヤーをサポートしています。ArcGIS を使用してアプリケーションを作成するには、これらの種類のレイヤーを使用する方法を考慮することが重要です。

この表は、アプリケーション構築時に使用する主なレイヤータイプの一般的な使用例をまとめたものです。

レイヤーの種類 REST API Service ArcGIS Online※1 ArcGIS Enterprise キャッシュ作成の可否※2 ユースケース
Feature Layer
(フィーチャ レイヤー)
Feature Service - ベクター形式のデータのクエリ、レンダリング、編集などに利用
Tile Layer
(タイル レイヤー)
Map Service 変更頻度が低いベースマップやその他の複雑なデータ セットに利用
Vector Tile Layer
(ベクター タイル レイヤー)
Vector Tile Service 変更頻度が低いベースマップやその他の複雑なデータ セットに利用
Dynamic Map Layer
(ダイナミック マップ レイヤー)
Map Service - - 頻繁に変更される、または複雑なレンダリング要件が必要なデータ セットを表示するために利用
Image Layer
(イメージ レイヤー)
Image Service - - 衛星画像や他の画像データのレンダリングと解析に利用
Scene Layer
(シーン レイヤー)
Scene Service 3D データ セットの表示とレンダリングに利用

※1:ArcGIS Onlineではホストできないレイヤーもありますが、ArcGIS EnterpriseでホストされているレイヤーはArcGIS Onlineと共有できます。 ArcGIS Server Webサービス を参照してください。
※2:キャッシュされたレイヤーは事前に表示のための処理が行われるため、クライアントへ高速に配信することができます。キャッシュされていないレイヤーはデータベースクエリを作成し、HTTP キャッシュのみを利用します。

その他のレイヤー タイプ

ご紹介した主なレイヤー タイプの一覧に加え、ArcGIS Enterprise は多くのレイヤーをサポートしています。詳細な情報は、ArcGIS Enterprise の ヘルプ ドキュメント「 ArcGIS を使用してサービスを公開する方法 」をご参照ください。具体的なレイヤーについては 公開できるサービスの種類 でご紹介しています。(このドキュメントでは、レイヤー以外の GIS 解析を行うサービスについてもご紹介しています)。

レイヤー タイプのサポート状況は API / SDK によって異なるため、詳細は各製品のサンプルやリファレンスをご確認ください。
CSV、GeoRSS、KML などの一般的なファイルの種類のサポートに加え、ArcGIS の開発者向け API / SDK では、カスタム レイヤー タイプとして拡張可能なグラフィック レイヤーをサポートします。

レイヤーの使用

ArcGIS プラットフォームでは、複数の方法でレイヤーを作成、編集、共有できます。

  • ArcGIS REST API から使用する
    上記で紹介しました ArcGIS の主なレイヤー タイプは、ArcGIS Online と ArcGIS Enterprise の基本コンポーネントである ArcGIS Server のインスタンスでホストされるサービスをサポートしており、ArcGIS の API / SDK は REST API を介して操作します。
    開発者は REST API を使用してレイヤーを表示させるだけでなく、REST API に直接リクエストを送ることで、独自の GIS 機能をアプリケーションに追加することが可能です。

  • ArcGIS API と SDK から使用する
    ArcGIS の API / SDK は、REST API を包含して設計されています。どの API / SDK もサポートするレイヤーをマップに追加することができます。
    また、レイヤーの種類毎にクラスとして実装されており、実行可能な処理はメソッドとして定義しています。REST API を使用して同様の処理を行う場合に比べ、より扱いやすくなっています。

    レイヤーの扱い方は、リファレンスだけでなくサンプルをご紹介するページやガイドページからでも学ぶことができます。
    ArcGIS API for JavaScript では、Intro to layers の sandbox で学習することができます。ArcGIS Runtime SDK の各 OS では、ガイドページの基礎(Fundamentals)にレイヤーについての記述があります。(例:ArcGIS Runtime SDK for .NETのレイヤー

  • Web マップで使用する
    ArcGIS プラットフォームで利用できる Web マップでは、各レイヤーを追加してひとつの主題図を作成することが可能です。
    Web マップを使用すると、開発者は、複数のアプリやユーザー間で共有できるレイヤーとオプションの設定を 1 つのセットとして作成することができます。詳細については、「 Web マップの概要 」と「 Web マップ仕様 」を参照してください。
    レイヤは、Web マップの basemapLayers または operationalLayers プロパティに追加し、ArcGIS Online または ArcGIS Enterprise のアイテム ID または REST API Map Service への URL で参照することができます。

レイヤーの作成

レイヤーの作成方法は、ArcGIS の各製品によって異なります。

フィーチャ レイヤー

タイル レイヤー

ベクトル タイル レイヤー

シーン レイヤー

ダイナミック マップ レイヤー

イメージ レイヤー