コア コンセプト

ArcGIS のコンセプトについて紹介します。

    ArcGIS とは

    ArcGIS は、空間データの作成、管理、共有、分析を行う組織向けのプラットフォームで、サーバー コンポーネント、モバイルおよびデスクトップ アプリケーション、そして開発者ツールで構成されています。ArcGIS が提供しているサーバー コンポーネントやモバイル、およびデスクトップ、開発ツールについて紹介します。

    API、SDK、アプリ

    ArcGIS では、ArcGIS Pro のような既存の ArcGIS アプリケーションを拡張したり、特定のニーズに合わせて構成可能なアプリケーションをカスタマイズしたり、ゼロから完全にカスタムのアプリケーションを作成したりすることができます。ArcGIS で利用できるアプリケーションや API、SDK について紹介します。

    セキュリティと認証

    セキュリティを担保するために、ネットワーク上で利用可能なリソースに対して、公開範囲を設定してアクセスを制限することでリソースを保護します。リソースに対するアクセスはインターネットを使用して行われますが、VPN やイントラネットを使用したアクセスも可能です。ArcGIS でのセキュリティの方法や認証パターンなどについて紹介します。

    アプリ ログインの制限

    アプリケーションにアプリ ログインを組み込む際には、いくつかの制限があります。

    レイヤー

    レイヤーは、ArcGIS を使用して構築するアプリケーションの主要なコンテンツです。ArcGIS REST API、GeoJSON、CSVファイルや、ローカルまたはネットワーク経由で利用可能なその他のファイルを介して公開されるサービスに基づいて作成することができます。レイヤーの種類と特長について紹介します。

    Web マップ

    Web マップは、異なるアプリケーション間で作成、スタイル設定、共有できる 2D マップです。Web マップは Web マップ仕様に基づいた JSON で構成されており、マップの範囲、ベースマップ、レイヤー、レイヤー スタイル、ポップアップなどの設定が含まれています。Web マップの仕様や作成、表示方法についてご紹介します。

    Web シーン

    Web シーンは、異なるアプリケーション間で作成、スタイル設定、共有できる 3D マップです。Web シーンは 2 次元の Web マップとは異なり、一般的に都市や自然環境、建物、交通システムを表す 3D 地理空間データを含むシーンです。Web シーンの仕様や作成、表示方法についてご紹介します。

    REST API

    ArcGIS では、地理情報サービスやマッピングサービス、ユーザーやコンテンツを管理するサービスとして、ArcGIS REST APIを提供しています。ArcGIS REST API の概要について紹介します。