カスタム フォントの利用

独自のフォントを使用する手順を紹介します。

ArcGIS API for JavaScirpt のバージョン 4.10 以降、MapView 上のフィーチャ レイヤーのラベルやテキスト シンボルで使用するフォントは、pbf (Protocolbuffer Binary Format) で配信する必要があります。 デフォルトでは、pbf フォントは Esri が https://static.arcgis.com/fonts でホストしているフォントを使用できます。 利用可能なフォントの一覧は、Esri のガイドで確認できます("Read more" をクリックしてページを展開してください)。

デフォルトで提供されていないフォントを使用したい場合は、自身で pbf フォントを作成し Web サーバーで配信することで、API から使用することができます。このガイドでは ArcGSI API for JavaScript バージョン 4.x で独自のフォントを使用する手順を紹介します。

※ 本ガイドでご紹介する手順に関しては ESRIジャパンの技術サポート サービスの対象外となります。予めご了承ください。また、フォントの変換・配置を行う場合は、利用されるフォントの利用規約を予めご確認ください。

フォントの入手

今回は、Google フォント からダウンロードして PBF に変換します。

pbf フォントの作成

pbf ファイルは符号付き距離フィールドのセットとして以下の URL で配信する必要があります。これは MapBox GL JS のスタイル仕様と同じです。

https://fonts/<フォントスタック>/<ユニコード文字範囲>.pbf

pbf ファイルは node-fontnik を使用して、ttf や otf 等のフォントファイルから変換して作成できます。

  1. node-fontnik をクローンします。
    git clone https://github.com/mapbox/node-fontnik.git
    
  2. node-fontnik フォルダに移動して、モジュールをインストールします。
    npm install
    
  3. fonts フォルダを作成し、作成したフォルダにダウンロードした Google フォントを配置します。
  4. glyphs フォルダと変換後のファイルを出力するサブフォルダ(例: glyphs/KosugiMaru-Regular)を作成します。
  5. build-glyphs を実行して pbf ファイルを作成します。
    node-fontnik/bin/build-glyphs fonts/KosugiMaru-Regular.ttf glyphs/KosugiMaru-Regular
    
  6. glyphs/KosugiMaru-Regular フォルダにユニコード文字範囲の pdf ファイル群が作成されていることを確認します。

PBF フォントの配置

以下のディレクトリ構成にして Web サーバーへ配置します。 IIS を使用する場合は、MIME に .pbf (binary/octet-stream) を登録します。

「fonts」 フォルダ
  |--「<フォントファミリー>-<ウェイト>-<スタイル>」フォルダ(例:arial-bold-italic) ※
   |-- pbf ファイル群

フォントの配置

※ <スタイル> は省略可能です。今回は「KosugiMaru-Regular」フォルダを作成します。 詳細は「API の設定」の項目を参照してください。

API の設定

  1. ArcGIS API for JavaScript で参照するフォント リソースの URL を変更します。 フォントの URL の設定は、esri/config クラスの fontsUrl プロパティを使用します。

  2. マップに表示するフォントを作成します。 フォントの作成は Font クラスを使用します。 family、weight、style の各プロパティに設定した値をもとに設定したフォント URL へリクエストが実行されます。 例えば、family に "arial"、weight に "bold"、style に "italic" を設定した場合は、https://<サーバー名>/fonts/arial-bold-italic フォルダにある pbf ファイルを取得します。 フォントに複数スタイルが存在しない場合は style プロパティは省略可能です。 また、weight プロパティも省略可能ですが、API で指定しない場合は regular が自動で設定され、https://<サーバー名>/fonts/arial-regular がリクエストされます。

以下は作成した pbf フォントをテキスト シンボルで表示した画面とサンプルコードです。

フォントの表示

<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <meta charset="utf-8" />
    <meta name="viewport" content="initial-scale=1,maximum-scale=1,user-scalable=no"/>
    <title>font_mapView</title>

    <link rel="stylesheet" href="https://js.arcgis.com/4.11/esri/themes/light/main.css" />

    <style>
      html,
      body,
      #viewDiv {
        padding: 0;
        margin: 0;
        height: 100%;
        width: 100%;
        background-color: black;
      }
    </style>

    <script src="https://js.arcgis.com/4.11/"></script>

    <script>
      require([
        "esri/Map",
        "esri/views/MapView",
        "esri/Graphic",
        "esri/config"
      ], function(Map, MapView, Graphic, esriConfig) {

        // .pbfファイルを独自に配信するURL
        esriConfig.fontsUrl = "http://<サーバー名>/fonts";

        // テキストシンボルの作成
        var textSymbol = {
          type: "text",
          color: "white",
          text: "KosugiMaru フォントです", // 表示する文字列
          font: {
            size: 15,
            family: 'KosugiMaru' // フォントファミリー
          }
        };

        var point = {
          type: "point",
          longitude: 139.751068,
          latitude: 35.684482
        };

        var pointGraphic = new Graphic({
          geometry: point,
          symbol: textSymbol
        });

        var map = new Map({
          basemap: "dark-gray-vector"
        });

        const view = new MapView({
          container: "viewDiv",
          map: map,
          center: [139.751068, 35.684482],
          zoom: 12
        });

        view.graphics.add(pointGraphic);

      });
    </script>
  </head>

  <body>
    <div id="viewDiv"></div>
  </body>
</html>