ArcGIS API for Python のコンセプト

ArcGIS API for Python のプロダクト コンセプトと動作要件についてご紹介します。

ArcGIS API for Python とは

ArcGIS API for Pythonは、Web GIS (ArcGIS Online / ArcGIS Enterprise)製品を支える効果的な開発者向け製品です。 シンプルで使いやすい Python ライブラリとして、GIS データの可視化や GIS 解析の実行、コンテンツ、ユーザー、グループ管理を対話形式で実行できるとともに、GIS システム管理タスクなどをスクリプトから実行できる機能を提供します。

このページでは、次のことを解説します。

ArcGIS API for Python のアーキテクチャー

ArcGIS API for Python(以下、Python API)は、ArcGIS Online および ArcGIS Enterprise が提供するオンラインおよびオンプレミスの Web GIS プラットフォームを使用する目的で実装されています。 Python API には、ArcGIS プラットフォーム上で利用するデータやユーザの認証情報など、各オブジェクトを管理して作業するためのモジュール、クラス、関数、およびタイプがあります。

Python API は arcgis パッケージとして配布されます。 このパッケージの中には、最も基本になる gis モジュールを中心に、Web GIS で使用できる機能がさまざまなモジュールとして編成されています。

アーキテクチャーの構成図

gisは最も重要なモジュールであり、Web GIS への入口となります。これにより、ユーザー、グループ、およびコンテンツを管理できます。 自分自身のコンテンツを検索する場合などに使用するとともに、Web GIS を管理するために管理者権限をもつユーザーはこのモジュールを主に使用します。

緑色のモジュールは、さまざまな空間解析に用いる地理情報データセットにアクセスするために使用します。 これらのモジュールには、特定のタイプの空間データを操作するための関数、ジオプロセシング処理、ArcGIS で使用できる様々なデータに対応したクラス、およびそれらを補助するようなヘルパークラスなどが含まれています。

青色のモジュールは、高度な GIS データ解析ツールを提供します。 住所から位置を特定するためのジオコーディングモジュール、フィーチャデータのジオメトリを表すモジュール、およびジオプロセシングモジュールが含まれています。

オレンジ色のモジュールは、GIS データの分析結果を可視化して共有することを可能にします。 widgets モジュールには、マップとレイヤーを可視化するため、マップを Jupyter Notebook で表現できる機能を実装しています。 mapping モジュールは、Web マップと Web シーンに対応し、それぞれのレイヤーを操作するためのタイプと関数があり、apps モジュールは ArcGIS で構築された Web アプリケーションの作成と管理に役立ちます。

各モジュールの詳しい内容は 米国Esri ガイドページ(Architecture of the API)をご覧ください。


動作要件

ArcGIS API for Python は次の環境と動作要件が必要です。

  • オペレーティング システム
    • Windows (32 /64 ビット) /macOS/ Linux
      ※macOS/Linux は国内サポート対象外となります
  • Python バージョン 3.5+

  • 開発環境

※ Jupyter Notebook および Jupyter Lab はオープンソースとして利用できる開発環境のひとつです。 ArcGIS API for Python はこれらの開発ツールでの地図出力をサポートしてます。利用可能なブラウザは次の通りですが、詳細については Jupyter Notebook のシステム要件をご覧ください。

  • Google Chrome
  • FireFox
  • Safari

サポートする最新の動作環境につきましては米国Esri システム要件(英語)または、動作環境もご参照ください。


ガイドページとサンプルコード

米国Esri の ArcGIS API for Python ガイドページには、Python API のモジュール毎または使用者のユースケースに沿ったベストプラクティスが説明されています。 サンプルのノートブックでは、この API を使用して Python スクリプトを作成し、マッピング、クエリ、分析、ジオコーディング、ルート解析、ポータル管理などの機能を組み込んで、現実の問題を解決する方法について解説します。サンプルノートブックは、GitHub からダウンロードも可能です。また、ここから業務に沿ったサンプルを見つけることもできます。

Esri サンプル ガイド ページ

次は、Python API を利用するArcGIS API for Python のための基礎環境:conda入門についてご紹介します。