地図サービスの公開

データの検索や編集が可能な地図サービス (REST API) の配信方法を紹介します。

配信可能な地図サービス

ArcGIS for Developers の開発者向けクラウド サービスではお手持ちの地図データや住所/緯度経度を含む CSV などのテキスト データをもとに地図(GIS)サービスを配信することが可能です。ArcGIS の地図サービスはさまざまな機能ごとに種類が分かれています。配信可能な基本的な地図サービスは以下の 2 種類です。

  • フィーチャ サービス(レイヤー)

    緯度経度および属性情報を文字列で配信(地図データはクライアントでグラフィックとして描画されます)
    機能 : 表示(地図と属性)/ 検索 / 作成 / 更新 / 削除

  • タイル サービス(レイヤー)

    あらかじめ作成しておいたタイル状に分割された地図画像を配信(地図データはクライアントで画像として描画されます)
    機能 : 表示(地図のみ)

タイル サービスとしては Esri が配信している全世界の背景地図サービスを無償で利用できます。 なお、タイル生成サービスを利用する場合は、1,000 タイル生成につき、1 クレジット消費します。 タイル サービスを公開する方法は ArcGIS Online ヘルプのホスト タイル レイヤーの公開をご覧ください。

以下では、主題データとして利用頻度のもっとも高いフィーチャ サービスの公開および配信方法をご紹介します。

フィーチャ サービスの作成・公開

フィーチャ サービスの公開には以下の 2 つの方法があります。

  • 空のフィーチャ サービスを公開

    データがない状態のフィーチャ サービスを公開し、マップ ビューアーを使って手動でデータを追加していきます。

  • 地図データおよび住所データを使ってフィーチャ サービスを公開

    地図データが持つ座標情報や住所情報をもとにフィーチャ サービスを公開します。ArcGIS for Developers のサイトを使用して公開が可能なデータは以下の通りです。

    • CSV
    • GeoJSON
    • シェープファイル(Zip 形式に圧縮)
    • ファイル ジオデータベース(Zip 形式に圧縮)

    詳細は ArcGIS Online ヘルプのホスト フィーチャ レイヤーの公開をご覧ください。

以下は空のフィーチャ サービスを公開するまでのステップを紹介します。

1. フィーチャ サービスの作成を開始する

  1. [Dashboard]の横の[+]をクリックし、[New Layer]を選択します。
  2. [Create an Empty Layer]をクリックし、Create New Layer ページを開きます。

2. 基本情報の入力

公開するフィーチャ サービスに対して、以下の基本情報を入力します。

  • Title(タイトル)

    新しく作成するフィーチャ サービスのタイトルを入力します。

  • Service Name(サービス名)

    アプリケーションがデータにアクセスする際に使用します。デフォルトでは自動で Title と同じ文字が入力されますが、変更することも可能です。サービス名に使用できる文字はアルファベット、数字およびアンダースコアのみです。

  • Tags(タグ)

    ArcGIS for Developers のサイト上でフィーチャ サービスを検索する際に利用します。作成するフィーチャー サービスのキーワードとなる語句を入力し、Enter キー を押すとタグが作成されます。

入力が完了したら、[Geometry] をクリックして次へ進みます。

  • Geometry Type(ジオメトリ タイプ)

    ジオメトリ タイプはフィーチャの図形の種類で、ポイント、ライン、ポリゴンの三種類から構成されています。ポイントは地物を点のデータで表し、観測地点などを表示するために使われます。ラインは地物を線のデータで表し、河川や道路などのフィーチャを表示するために使用されます。ポリゴンは地物を面のデータで表し、建物などを表示するために使用されます。 1 つのフィーチャ サービスに対して選択できるジオメトリ タイプはいずれか 1 つです。

  • Spatial Reference(空間参照)

    フィーチャ レイヤーの座標系の ID(WKID)を入力します。4326(WGS 84 緯度経度)または102100(Web メルカトル)が推奨されています。

入力が完了したら、[Fields] をクリックして次へ進みます。

3.属性情報の入力

属性とはフィーチャに関する様々な情報のことで、属性テーブルと呼ばれるデータベースに保存することができます。属性テーブルの列のことを属性フィールドと呼びます。例えば公共施設の属性には名称や所在地、分類、電話番号などを含めることができます。この属性情報をもとにシンボルやラベルを表示したり、フィーチャを検索したりすることが可能です。

属性フィールドには以下の項目を設定します。

  • Field Name(フィールド名)

    Field Name はフィールドの名前をコンピューター用に定義したものです。コンピューターが理解しやすいように使用できる文字に制限があります(スペースや特殊文字は使用できません)。

  • Field Alias(エイリアス)

    Field Alias は属性フィールドの名前を人間にもわかりやすく定義したものです。たとえば、人口の情報であれば Field Name を POP、Field Alias を Population と使い分けます。

  • Data Type(データ型)

    格納する情報の種類によって以下の 4 つのデータ型から選択します。属性フィールドに設定されたデータ型と異なるデータ型の値を格納することはできません。

    • String: 文字型。文字列を格納します。
    • Integer: 整数型。自然数を格納します。
    • Double: 倍精度浮動小数点型。小数点を持つ有理数やパーセント値などを格納します。
    • Date: 日付型。日付、または日付と時間を格納します。

Field Name と Field Type を入力し、[+ Add Field] をクリックすることで属性フィールドを追加できます。フィールドを追加した後に、Field Alias を設定できます。作成した属性フィールドを削除するには 赤いゴミ箱のアイコンをクリックします。入力が完了したら、[Settings] をクリックして次へ進みます。

4.詳細設定

ファイルの添付機能やサービスの共有、編集権限などを設定できます。設定がすべて終了したら[Create Layer] をクリックし、フィーチャ サービスを公開します。

フィーチャ サービスの表示・編集

フィーチャ サービス公開後、マップ ビューアー上でフィーチャ サービスを表示して、データを追加することができます。

1. フィーチャ サービスの表示


公開したフィーチャ サービスを選択して、[Open in Map Viewer] をクリックして、マップ ビューアーを起動します。 マップ ビューアーが起動すると、地図が表示されます。画面左側にあるコンテンツ パネルには公開したフィーチャ サービスを参照したレイヤーが表示されています。

2. フィーチャ サービスの編集

  1. [編集] をクリックして、[フィーチャの追加] ウィンドウから追加するデータのシンボルを選択します。
  2. 選択後に、地図上の任意の場所をクリックすることで新しいデータが追加されます。
  3. フィーチャを追加すると、ポップアップが自動で開き、フィーチャの属性情報を編集することが可能です。

ここまで作成してきたフィーチャ サービスは「Web マップの作成」で 1 レイヤーとして扱うことができます。自身が複数のデータをお持ちで、複数のレイヤーとして地図に表示したい場合でも、自由に追加して独自の地図をデザインすることが可能です。


次のステップへ